Dへの扉

謎生物、地球でやりたい事をする

【20210403~20210410】マザー・ラーナの夢日記

◆注意◆

 この記事は、色々あって

「スピリチュアルに生きてやろう!」

 と思い至ったマザー・ラーナこと彩乃母(柏餅)が、スピリチュアルに生きるにはどうしたらいいか?

 を、頭に詰まった粒あんを駆使して考えた結果

夢日記書けばいいんじゃない?(何より楽そうだし)」

 となり始まった夢日記記事です。

 

 しかし段々面倒臭くなってきた。

前回

ayano-magic.hatenablog.jp

次回

まとめ

ayano-magic.hatenablog.jp


 

 こんな、夢を見た。

f:id:ayano-magic:20210413140334p:plain

4月3日

 私は10代半ばくらいだ。

 

 祖母の暮らす村に従姉と2人でやって来る。

 季節は冬で、晴れてはいたが地面には雪が積もっている。

 特に村の山を挟んで北側は、まだ多くの雪が残っていた。

 

 集会所のような場所にいる。

 壁の上の方には詩か何かが書かれた物が飾ってある。

 従姉がそれを読み上げる。

 それは昔の言葉だったので、なんと言っているかは分からない。

 ただ最後は「待ち人来る」で終わった。

 

 大きなテーブルを囲んで村人達と食事をする。

 だけど私は自分が食べていい物が分からず、手を付けなかった。

 隣にいた同い年くらいの男の子も食事をしていなかった。

 

4月4日

 私は黒猫になって、前住んでた家にいる。

 家の中には不法侵入者がいた。

 でも怖いとか、むかつくとか、そういった感情はなかった。

 私は寝た。

 

4月5日

 書類に住所を書いていた。

 

 ゼルダの伝説の世界にいた。

 ゼルダ姫がどこかに行ってしまったので探した。

 行きついた先は敵の本拠地で

ゼルダ姫しらん?」

 と門番に聞いたら、それだけで戦闘になってしまった。

 私は「なんで? ちょっと聞いただけなのに!」

 とか言ってた。

 

 大きな手裏剣を投げてくる敵と丸い爆弾を投げてくる敵の2体との戦闘は、どちらを先に倒すか迷った。

 あと普通に2体ともウザい攻撃なのでイラついた。

 

 敵の情報によると、私はどうやら町を1つ滅ぼした事があるくらいのヤバい奴らしい。

 

 割れて中身のない卵が出て来た。

 

4月6日

 夕立みたいに大雨が突然降ってきてびしょ濡れになった。

 なのでお店で休む事にした。

 

 お店の敷地内は店側の不手際で2か所陥没していた。

 更に電気修理会社の不手際で電気系統の故障、もしくは陥没が起きていた。

 トラックがあった。

 

 母親とテレビを見ている。

 テレビでは謎の光線みたいな物に襲われている人の映像と、それを笑う人の声が入っていた。

 ただ、この事件で沢山の人が死んだようだった。

 他にも謎のピンク色のソフトガムの板のような物が町に落ちてきて、大惨事になっている映像もあった。

 

4月7日

 私は高校生くらいの年齢で、学校みたいな場所にいる。

 小型のノートパソコンを扱っている。

 インターネットの世界に閉じ込められている、同い年くらいの女性がいる。

 彼女は絵を描く仕事か何かをしていた。

 彼女は何か悪い事をしてしまったようで、その結果インターネット世界に閉じ込められている様だった。

 彼女はBBSに書き込みをしていた。

 

 

 薬局にいる。

 ピアノがあって、薬剤師の人が月光を弾きだした。

 薬局の窓から、道の向こうにあるゲームセンターが見えた。

『こんな所にゲームセンターがあるのか。今度行ってみよう』

 と、思っていた。

 

 薬局を出て道を歩くと学校の校門に着いた。

 学校名が書かれていたので目が覚めたらググってやろう。

 とか思って一生懸命名前を覚えようとしたが、「なんか変な形の漢字」というニュアンス以外忘れてしまった。

 あと、名前を覚えようとしている最中に名前が変わりやがった。

 クソー

 

 ちなみにググろうと思った訳は、1度でも見聞きした物なら実在している可能性があったので、それの確認がしたかったから。

 

 

 

 室内にいる。

 どうやらここは家族で運営している縫製所みたいだ。

 主人公(or私)には兄が2人いた。

 室内にはやたらと針がある。そこら中針だらけだ。

 指輪型のピンクッション……と言うよりは、針入れと言った感じの物が2つ出て来た。

 この針入れの中も針でいっぱいだった。

 なので私は「こんなに使わないだろう。捨てろ」と言っていた。

 針の他にも使っていそうにもない物が出てきて、片付けろと思っていた。

 

 あとコスプレとかDNエンジェル(実在する漫画。ちなみにリアルの私はアニメの方を見ていた)の話とか出てきた。

 

4月10日

 従姉が出て来て、カビがガッツリ生えた布団で寝ていた。

 体も心もあまりよさそうには見えなかった。

 

 空の軌跡(実在するファルコムのゲーム)の同人ゲームみたいなのが出て来た。

 カシウス(主人公・エステルのとーちゃん)を操作したいという願望の元作られた、カシウスが仲間を殺していくサディスティックなゲームだった。

 そのゲームのシーンか何かで、女性が首を切られていた。

 私はそのシーンを見ながら若干「気持ち悪いな」と思いつつも、手元にあるチーズ乗せデミグラスソースハンバーグ丼を食べる手を止めなかった。

カシウスが「皮一枚繋げておけばよかったか」というセリフを吐いたので

「そうだね。全部スパッと切っちゃうと、首が飛んで行っちゃうもんね」

(ちなみにこれは確か、小説版スレイヤーズで得たリアル知識)

 と突っ込み、隣の(夢の中では)知り合いと思われる女性に「そういうの言うのやめなよ」って怒られた。