Dへの扉

謎生物、地球でやりたい事をする

【狂人と見る】漫画『王の獣~掩蔽のアルカナ~』第23話【感想妄想考察】

◆注意◆

この記事には、以下の成分が含まれております。

  • 蔓延る嘘
  • 掩蔽しきれずネタバレ
  • 制作者及びファン&その他多数を不快にさせる可能性のある発言
  • 他作品の名称及びネタ
  • これを書いてる謎生物がド変態で、今回は特に癖が強くなっている
  • この記事は原作を見て知っている方が多分楽しめる

 尚、記事内で様々な事が書かれてあったとしても、制作者にこうしてほしいという欲求ではございません。

 では、それでもいいよって人は、まったり見ていってね!

王の獣記事インフォメーションセンター

ayano-magic.hatenablog.jp

前回

ayano-magic.hatenablog.jp

次回

 冬眠します……( ˘ω˘)スヤァ


実は

腰巾着が死んだ時用の

お葬式会場を準備しておこうかどうかで

迷ってた


 だって、制作者は感動表現か邪魔者排除で殺しに来るんでしょ?

 私、知ってるのよ?

 

 という事で、Cheese! 2021年1月号

csbs.shogakukan.co.jp

 に掲載されている、藤間麗さんの『王の獣~掩蔽のアルカナ~』第23話の感想+α記事だよ~。

 ちなみにチーズ! では、アンケートに答えて素敵なアイテムが当たるチャンス!

 もあるんだ~。

 なので、よかったら買って見てね★


すーぱーSMカップルのクリスマス

璃琳「今から墨は、サンタである私のトナカイよ?」

墨「はい、俺は璃琳サンタ様のトナカイです」

璃琳「フフフ、いい子ね!」

璃琳(そうだわ! ここで墨が嫌がる事をしたら、面白いんじゃないかしら?)

璃琳「じゃあ墨、足を舐めなさい? ほらほら、サンタの命令は絶対よ?」

璃琳(フフッ! きっとすっごく嫌がるわ~)

墨「はい、分かりました」

璃琳「へ……?! ギャハハハハハ! って!」

f:id:ayano-magic:20201123194017p:plain

墨が嫌がるだろうと思って「足を舐めなさい」って言ったら本当に舐められて、くすぐったくて笑っちゃった後に逆切れしちゃう璃琳たん可愛い

 踏んで踏まれて喜ぶ二人は今日も誰より愛し合ってる💗[注1]

※注意※

 意地悪な事をすると、ロクな事にならないという例えです。

 また、この2人は専門家指導の下、安全と衛生に配慮して行動しております。

 なので、これを見た地球人は、無暗に真似をしないでください。

 

感想

◆各キャラクターについて◆

藍月

 我らの「くっ殺」要員藍月さんは、今日もモフモフだった。

 寝てるシーンのお耳がクテッてなってるの可愛い。

 モフりたい。

 

 そして、安心できる人の気配では眠っていられるっていいよね。

 こういう表現は好きだ。

 それに喜ばしいし。

 

 所で、私は昼寝の時に夢を見る事もあるんだけど、藍月さんは一体どんな夢を見ていたのかな?

 

天耀

 本物の8歳(?)天耀様が出て来た。可愛い。

『お兄さんとショタ』のカットも良い。

 

 それにしても……。

 天耀様がうらやまじぃぃぃいいいい!!!

 私も思う存分藍月をモフりたいのにっ!

 

 あと、私の中で天耀×藍月カップルは「ほのぼのニヤニヤカップル」である。[注2]

 

璃琳たん

 かわいい。

 泣き顔とか幼少期の璃琳たんも最高だ!

 しかし「何があった?」感が半端なくてなぁ……。

 彼女は彼女で精神病んでる雰囲気もあるし、蘇月の事件に関してもあの反応を見る限りは率先して殺す様な子に見えない。

 というか馬鹿な子なので、精々みみっちぃ意地悪くらいしか出来そうにないんだが……。

 その意地悪が原因で蘇月が死んだのか、あるいは案外、人生滅茶苦茶にされた被害者なのか。

 

 それと天耀に対して執着している様なんだが、ブラフの可能性も捨てきれない。

 天耀はなんやかんやで優秀らしいし、あのくらいの用で墨を呼びつけたのもなぁ。ってな感じでその辺りが引っかかる。

「従獣がほしい」発言も、彼女には侍女とかがいるはずで、そういう人が代わりになりそうなのにあえてそう発言するって事は、亜人の事が気に入ってるのかもなって感じだし。

 もちろん『ヤンデレの璃琳に死ぬほど愛されて夜も眠れない天耀様』状態の可能性もあるけどね。

 

 あと結婚相手が腰巾着だったら笑う。

 

江凱

 あそこまで気が付いていたかー。なった。

 まぁ彼の能力と妹と仲が良かった事を考えれば、自然ですな。

 

 それにしてもコイツ、幼少期からこまっしゃくれたガキだな。

 イジメて遊びたくなったわ。

 

 あと、江凱にアニメ『妖狐×僕SS』の『SM鑑定フォーラム』歌って欲しいなってなってる。

 似合うと思うんやが?

 

 璃琳と前から仲良かったようでな。

 何だかそれが切ない。

 あと墨には、蘇月を殺す度胸もメリットもありそうなんだよなぁ……。

 

腰巾着

 彼はシフトに入っていなかった。

 そういえば前回璃琳たんが多く出て来た回にも出てこなかったし、ファミコン時代の「画面上に一定数以上のキャラが写ると点滅する」現象でも起きているのかもしれない。

 

その他

 今回はショタとロリ成分多めで良かった。フフフ……フフフフフフ……(紳士的微笑)

 そんな中、エンペラーパパが何か企んでいる予感も臭わせていた。

 

 それにしても、個人的には宮廷内の教育とかがどうなってるのか気になる。

 メインTOP4の皇子が今の所従獣に対して酷い扱いをしてないのは、そういう教育が行われているからだと思う。

 けど、そういった事がしっかりできているのに対して、細々とした違和感や歪みを皇子や皇女から感じるのが引っかかるので。

 

 あと、もうすぐ『蘇月惨殺事件』という1つの区切りが終わりを迎えそうなのかな?

 

 そして王ケモは最終的に、どんな終わり方をするんだろう?

 個人的には、ゲームのテイルズシリーズによくあるらしい(聞いたくらいで知識がない)敵も味方も私利私欲ではない何らかの正義に則って行動している展開が好みだよ。

 そしてキャラ達にはなんやかんやで愛着があるので、各々幸せになってほしいけど、無理かなぁ……。

 

よく分かるネタバレあらすじ(虚)

 璃琳たんが情緒不安定になっている中、兄貴の江凱は天耀とやっと仲良くできると紳士的にグヘヘっていた。

 しかしその一方でバディの黒狐・墨にとある不満も持っていた江凱は、ついうっかり墨を言葉攻めにしてしまいBL勢を大いに沸かせる。

 

 一方ほのぼのバカップル天耀×藍月は、鬼(腰巾着)の居ぬ間にぎこちないイチャイチャを繰り広げていた。

 

馬鹿謎生物が本気で当てにいく次回予告!

 

江凱は墨を縛って物置に閉じ込めると

何かを探りに単独行動に移る

 

一方天耀と腰巾着は

江凱とのやり取りや

彼に付いての情報を共有し

球技大会の不正などで

不自然な部分があった事に思い至る

 

その頃璃琳は

墨が行方不明と知って動揺

思わず藍月に接触してしまう

 

そんな中皇帝は

意味深に再登場し始め……?

 

次回

王の獣 第24話

『クリスマスだよ! 全員集合ー!!』

 

そして

旺眞・逞牙、麗雲・謡尾

 

「じゃぁ、誰がスピリットボックスで話しかけるか、じゃんけんしようか?」

「え、俺もうSAN0ですよ?」

「ならSANが一番高い人に行ってもらおうか、ね? 謡尾」

「絶対に嫌だからなっ!」

 

『Phasmophobia』で仲良く遊んでいた

 

考察

蘇月惨殺事件の考察その②

(前回の続き)

 

 蘇月は胴体を木っ端微塵にされて死んでいた。

 しかしそんな状態で死んでいたならば、犯人は蘇月の血で汚れている可能性がある。

 犯行現場に足跡、もしくは犯人の手形など残っていなかったのだろうか?

 

 もし残っていた場合はある程度の犯人像や、犯人がどこに向かったかは推理できた可能性がある。

 しかし「犯人の足掛かりがなく」という腰巾着の言葉がある為、私は現場にそういう類の物は残っていなかったと推理する。

 

 そこから導き出した私の答えはこうだ。

 

 蘇月を木っ端微塵にし手足を吊った犯人は、自分の手を使わずに物を動かせる能力者である。

 その為、能力を使い刃物を操るなどして蘇月の体を木っ端微塵にした後、手足を吊って現場から立ち去った。

 もしくは木っ端微塵状態の蘇月の死体を戦意喪失目的の死体等に偽造させる為、手足を吊って立ち去った。

 その為、犯行現場に足跡などが残らず、天耀達は犯人の断定が出来なかった。

 

 ただその場合天耀達は、「犯人はアルカナ持ち」という事をある程度推理している可能性はある。

 

 だが、ここからもう少し考察すると……。

 

 天耀は、兄弟喧嘩をしたり恋をする事もあるけれど、今目指す一番の目的は『蘇月惨殺事件の犯人を見つける』事だと思う。

(二番目くらいに『人間に支配されている亜人の解放』だと私は思っている。逆かもしれないが……)

 なのでその目標達成を目指して、藍月と共に能動的に行動をしているはずだ。

 その上で『天耀は蘇月を殺した犯人が、アルカナ使いの可能性が高いと推理している』

 であるならば江凱との勝負の景品で、まだ分かっていない墨のアルカナ情報を聞き出さなかったのは些か不自然だ。

 

 もちろん舞台背景的には、現場検証や検死の技術は低いと思う。

 しかしストーリーからは、藍月が『力』ならば天耀は『知恵』という関係性が垣間見えているのに、天耀の『知恵』の部分が生かせる場面で何もしないのは、メタ推理的にもおかしい。

 

 その為、この推理は前回から根本的に間違っている可能性が極めて高い。

 

 ただし、舞台はアルカナというスーパーチート能力が存在する世界だ。

 その為、例えば対象者を魅了する能力や対象者の思考等を操る能力などが今後出てくる可能性があり、そうした能力などがあれば辻褄はいくらでも合ってしまうので、絶対に違うとは言い切れないだろう。

[注3]

 

マザー・ラーナのまったく役に立たない話

(王の獣とは関係ない話ですん)

 みなさんこんにちは。

 下手な占いも数打ちゃ当たるがモットーの占い師、マザー・ラーナです。

 今日も漫画やその他色々の話をしていこうかと思うわ!

 でも相変わらず、うろ覚えだったり個人的な考えの所もあるから、話半分に聞いてちょうだいっ!

 

打ち切り予想に使える?! 人気度チェックテク!

1:雑誌掲載での扉絵や単行本の帯などに、○○万部突破! という煽りがいつまでもなく、「重版」の宣伝が続く。

 

 でもその重版すらされない作品に関しては、「大好評発売中」などの謳い文句でお茶を濁している可能性があるわ!

 つまり、『○○万部突破・重版・大好評発売中』の煽り文句を観察する事で、打ち切りの波動を感じ取れるという事よ!

 

2:雑誌の後ろの方に常に掲載される。

 

 人気とは関係なく編集側の思惑でそうなる事もあるようだけれど、それでも力を入れていないという可能性があるから、打ち切りの予感臭がするのよ!

 

3:表紙、または巻頭カラーにならない。

 

 表紙には売りたい、もしくは売れている作品がなる傾向にあるわね。

 つまり、なかなか表紙や巻頭カラーがない作品は打ち切りの片鱗を垣間見ることができるという事よ!

 

ファンタジーのあれこれ

 私は昔は小説で、今は漫画(もちろん無料試し読みよ!)でファンタジー作品をよく見ているのだけど、そんなファンタジー作品にまつわる話をするわね。

 

地図

 作品の中には舞台の世界地図や、町の地図が冒頭に載せられているわ。

 こういうのがあるとワクワクするのはもちろんなのだけど、作中で今はどの辺に主人公達がいるのか分かって便利よ!

 

通貨

 西洋風の国が舞台だと、『金貨・銀貨・銅貨』が多いかしらね?

 そんなファンタジー世界の通貨だけど、アダルトゲームを作っている『ソフトハウスキャラ』という会社が出すゲームでは、大体『ブレット』という通貨が共通で出てくるみたいね。

 そして、1ブレットでパンが1つ買える値段。

 という価格設定もされているというのを、ソフトハウスキャラのゲーム実況を見ていた時に聞いた覚えがあるわ!

 

 更に、作品は違っても通貨などに共通点があると世界は繋がってる感がでるし、前作が好きだった場合は特に嬉しくなるのよ。

 

 もちろん私は、前作キャラが通っていた学校に今作キャラが通ってるとか、黒髪眼鏡の委員長キャラが別作品でもしっかりモブキャラを務めているとか、好きよっ!

 

説明

 ファンタジー世界にはこちらの常識は通じないわ!

 なのでどうしても説明しなくてはいけない部分は出てくるの。

 そんな説明にまつわる話で、こんなのがあるわ。

 

スレイヤーズ』を書いている神坂一さんは舞台である世界の説明の為に、リナを説明役として、聞いてくる役をガウリイにしたのだけど……。

 その結果、ガウリイが必要以上に馬鹿になってしまった。

 

 という様な話を、あとがきか何かで見た覚えがあるわね!

 巻末などで設定を公表してしまえば楽なんでしょうけど、そうもいかないのかしら?

 

 舞台の世界の住人ならば、比較的誰でも知っている様な情報がチマチマ開示されていくのって、個人的には楽しそうに思うのだけど……。

 

思い出話

 私は子供の頃、講談社の「なかよし」を見ていたわ。

 そしてある日「なかよし」の付録に、八木ちあきさんの「まんが家になろう!」という漫画の描き方を説明した本が付いてきたの。

 

 起承転結、道具、ネームの説明などの他に、キャラの行動などに説得力を持たせるようにする。

 キャラの表現で、例えば変人を表現する時は「あの人、変人なんだって」と言葉で説明しないで、変人キャラが変人だと言われる行動を取っている場面を見せて表現する。

 などなどのアドバイスがあったわ。

 う~ん……懐かしいわね……。

 

漫画の投稿

 私は選評や体験談などを見るのは好きだけど、その経験はないわね。

 そんな私が、個人的に思う事を書くわ!

 

 まず、『描きたい漫画』と『描ける漫画(描くのが得意な漫画)』は違う事もあるかと思うから、その辺りはキチンと見極めておいた方が良いかもしれないわね。

 

 更に! どの出版社のどの雑誌で活躍したいか、雑誌を見て選ぶのは大切だと思うわ。

 何故なら、雑誌ごとに雰囲気や力を入れている所が違うからよ!

 そして、「将来はこの雑誌に載っている様な漫画が描きたい!」

 もしくは、「この雑誌に載っている様な漫画なら描くのが得意」

 など、何かしらのメリットがあったら、賞に応募する事を勧めるわね。

 

 それから、デビューを目指さずに賞金目当てで賞に応募するっていうのも、個人的にはアリだと思ってるわ。

 ただ、思いの外良い賞を取って担当が付いたり[注4]、目を掛けられて編集部から連絡が来たりと、後々面倒な事になる事もあると思うから、その辺りは重々承知してちょうだいね!

 

これを見てCheese! や王ケモ単行本を買おうとしてる人がいたら

 私は、藍月さん&璃琳たんの入浴シーンやおっぱいを諦めたくないとか、可愛いキャラ達の活躍を見ていたいとか、藍月さんや璃琳たんのエロ同人がみたいとかの欲望があった。

 だからその欲望達成の可能性を少しでも増やす為と、わずかに残った良心で雑誌や単行本の宣伝をしてきた。

 

 が、この作品や掲載誌は個人的にBL作品とかでありがちな「距離感を大事にしなくてはいけない作品」の分類に入る為、安易に買う事は推奨しない。

 

 なので、各漫画サイトの無料試し読みと良い評価・悪い評価などを見て、自分で考えて納得してから購入する事を勧める。

 

注釈

[注1]

 私の中でこの二人はこんなイメージだからそうなってる、墨×璃琳のクリスマス二次創作。

 そして謎生物的には王ケモにおいて、この二人ほど禁断の愛が似合うカップルはいないと思ってる。

 

 もちろん二人は恋人ではないかもしれないのだが、恋人と仮定して考えるとこうだからだ。

 

 璃琳は当然亜人と結婚なんかできないし、もし亜人の子を身籠る事があれば強制的に堕ろされて宮廷のどこかに監禁されると思う。

 昔の価値観なら、それくらいやりかねないと私は思っている。

 

 で、多分璃琳はもうすぐ周囲が勝手に決めたであろう相手に嫁いで宮廷を出る。

 墨は当然付いて行けない。

 そして璃琳の性格を考えると、駆け落ちもできない。

 璃琳は貧しい暮らしに耐えられないし、墨もそういう場へ璃琳を置く事は望まないと思う。

 

 つまり、どう足掻いても絶望/(^o^)\

 

 その為、禁断カップルに感じるのだ。

 

 だからけしてSとドMのカップルだから禁忌感を感じるとかではない。

[注2]

 藍月の『主人公補正』+天耀なら何とかしそう。

 の効果で、謎生物的にはこの二人に禁断感をあまり感じていない。

 

 天耀に相思相愛の婚約者がいるとかあれば、禁断感……ではなくとも叶わぬ恋を感じる事もある思うのだが……。

[注3]

 ネタバレだが、『碧の軌跡』というゲームで誰からも好かれるキャラが実は、そういう能力使ってましたというオチがあってな……。

 

 ちなみに私は推理物は割と好きで、ドラマ、小説、漫画、アニメでそれなりに見ていたので調子に乗って迷推理しちゃったけど、一切当てにならないよ。

 そもそも、犯行時刻も場所も天候も分かってないから、推理する段階ではないと思うし。

[注4]

 賞金目当てで漫画投稿をしていたら、担当が付く賞を取ったのに担当が付かなかった、新井理恵さんという漫画家もいるが。

 ちなみに無事、2回目の受賞で担当が付いてしまったそうだ。


第22話   ( ˘ω˘ )。o○